本当に必要な衣類


今回は、女性のミニマリストの部屋や服の特徴などについて情報を見ていきたいと思います。
女性でミニマリストを実践している人の部屋で持っている下着の数
の平均はブラジャーは3枚、ショーツは6~8枚。
ミニマリストにとっては、モノはひたすら少ないにこしたことはないということですから、
使っている下着の数はこれくらいで十分です。
そして、女性ミニマリストの特徴なのですが、洋服などはワンシーズンで着倒して捨てるのが、流行にも乗れ、清潔感も保たれてオススメです。
長持ちのする洋服を着るという方もいるのですが、逆にそこはそれほどこだわることをせず、流行もある洋服などをワンシーズンで着倒して、次のシーズンは新たに購入した少ない数の洋服を着回すのです。
それでは分かりやすく、女性ミニマリストの洋服選びの特徴を見ていきますが、次のようなタイプに分類されるようです!
● 長持ちする洋服を買い、オシャレ度もあげて、いい洋服を購入して、気に入ったものをとことん着倒し、一度気に入ったブランドはずっと続けて使い、職人技などの商品などが好みで、質の高いものをとにかくゲットしてお洒落を楽しむ派
● 洋服は所詮消耗品と考えて、安いUNIQLOやしまむらなどで購入して、コスパを重視し、考えはかなり合理的、安くていいから常に新しいものを着たいと考えている派
●上の2つをMIXしたような考えを持っていて、お金をかけるところとかけないところに本人なりのこだわりがあり、例えばトップのニットなどはUNIQLOのシンプルな安いものにするけれど、使うベルトやバック、靴などにはこだわりを持つなど、やりくり上手な一面があり、余計なものには一切お金をかけず、職場には水筒を持参するような堅実なところがあり、だけどここぞと思ったところにはお金をかける派
女性のミニマリストの服のこだわりは、大きく分けてこのような特徴があるようです!
他にも、服などの身に付けるものに関するこだわりがあり、特徴としては、靴下は厚手のものを買い、7足ほど揃えてローテーションで履く頻度を落として、洗濯するときにはネットに必ず入れて、布の傷みを最小限にするという方法で長持ちさせつつ、出来る限り枚数を所有せずに快適に暮らせるような工夫をしているようです!
ある女性ミニマリストの経験談に、ネットにきちんと靴下を入れて洗濯をするようになったら、かなり長持ちするようになったという話も出ています!
穴があいたら、糸で縫ってもう少し使ってもいいと思うのですが、あなたはどう思いますか?
ミニマリストの女性の服の数は?
近年、あまり縫い物をするという考え方がなくなっているように感じますが、靴下の穴など、ちょっとしたものですから、ささっと縫ってもうしばらく使ってみるのもオツな感じがします!
100円ショップで手軽にこれらの商品を手にすることが出来るからこそ、ミニマリストのようにモノを持たない暮らしを選ぶなら、縫い物をするという視点もあって面白いと個人的に思います!
他には、秋になったときには、夏服をインナーに使い上手に組み合わせてコーディネートするという方もいます。
服に関しては、アイデア次第でかなりいろんな着こなし方が出来ますが、女性ミニマリストのこだわりは、とにかく死蔵している服は持たないという主義です!
モノを置かないのが特徴の生活スタイルなので、タンスの肥やしになるような服は要らないのです!
ですから、あなたがもし女性ミニマリストを目指したいと考えているのなら、まずは持っている服の棚卸しをして、一体自分は何を何枚持っているのかを把握することがポイントになるようです!
そして、部屋に服を何枚置いているのかが把握できると、なにやら女性ミニマリストには内側から自分に対する自信が湧き出してくるようです!
では、服は分かったけど、靴はどうするの?
女性ミニマリストの経験者が語るには、基本は3足揃えるのがおすすめなんだとか!
● きれいめ系 ● 雨の日用 ● カジュアル
この3足さえあれば問題ないと語りますが、仕事によってもこの辺り微妙に変わってくるとは思います。
コンサバ系の洋服が必須の職場に居る方にとっては、どちらかというと、きれいめ系の靴が必須になりますから、女性ミニマリストにとっても悩ましいところです!
どの辺りでバランスをとるのかは、人によりけりであると考えられるようです!
そして、ここも特徴のひとつになりますが、部屋をとにかくシンプルにするのが女性ミニマリスト達の生き方なので、一枚洋服を購入したら、その分一枚手放すという方法もよく使われているようです!
服は放っておくと気がつかないうちにどんどん増えてしまいますし、ああクローゼットが雪崩を起こした・・・という状態になっている人もいるかもしれません。
とにかく現状を把握すること、これが女性ミニマリストの服や部屋の管理の特徴であるといえるようです!
では、部屋のこだわりや特徴はどんなものがあるのか?
例えば、女性ミニマリストの一人暮らしで、賃貸の部屋を借りた場合、たいがいワンルームか1Kの部屋になるかと思いますが、
まずは当たり前に置くという認識が強いテレビを置かない、
机以外の余計な家具は一切なし、
もちろん必要な冷蔵庫や布団などの生活に最低限なければならないものはありますが、
とにかく女性ミニマリストであっても、
部屋に入った瞬間「わ!スッキリ」と強く感じるほど何もない状態を作るのが、彼女たちの特徴になります!
本もある程度溜まるとブックオフなどを使ってすぐに売りに出して手放してしまい、とにかく部屋には余計なものを一切置かない主義!
結婚前に一人暮らしをしていた頃、個人的にも女性ミニマリスト状態で暮らしていた経験を持っているので分かりますが、部屋にモノがないのは、生き方自体がシンプルになるので、非常に快適だった記憶があります!
一見不便なのでは?
と思われがちなモノを持たない暮らしは、自分の考え方も生活スタイルも自然にシンプルになるだけではなく、部屋の中がごちゃごちゃとモノに占領されていないので、気持ち良く過ごすことも出来るのです!
関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

タコ

超面倒臭がりだからこそ考えついた
忙しい男女必見のお金と時間がかからない
アンチエイジング法を紹介しています。

最新情報

月別アーカイブ