散らからない部屋

こんにちは ミニマリスト  です。

今回はミニマル掃除(ズボラ+時短+節約=ミニマル)の秘訣をご紹介します。

私は会社を経営しながら、

自分の好きな事をする時間を満足に取れています。

忙しくて回らない時期があり、試行錯誤して考えついた家事スタイルです。

それは[家事のAI化]です。
ミニマル掃除

まず、掃除するときに、毎回いちいち動かしている物を無くします。収納したり、あまり使っていないものでしたら、

思い切って断捨離したりしましょう。

床に物がなくなったら ルンバ に任せましょう。

例えば休日に部屋の掃除機をかけるのがめんどくさい・・・なんて方も、これなら安心ですよね。自動で部屋の隅々まで掃

除ができるので、ずぼらな私よりもきれいに掃除してくれる!ということがあるかもしれません。

3万円代で掃除から解放されるのです。こんなルンバのある良い時代に生まれて来たのですから、活用しないのは勿体無いです。

試しに1年使ったら1日90円で掃除をルンバに代行してもらえるのです。

長く使うから最高級のルンバが欲しいという方は、ルンバ980がおススメです。

「物質センサー」を搭載していて、対象物との距離、形状、位置を測定し、物にぶつからないように自動で動き回ってくれ

ます。段差にも対応しており、ルンバが段差から落ちて故障することがないので段差が多い家にお住いの方は、少々値が張

りますが、こちらの方が良いと思います。

掃除機などの家電、3年かそれ以上は使いませんか?3年間こちらのルンバに掃除をお願いしても1日100円でやっても
らえます。

さらに、このルンバは赤外線とレーザーを利用したセンサーで情報を集め、掃除の順番や動作に活かしています。これを利

用しつつ、掃除した家が地図の形で可視化される「マッピング」技術が搭載されています。これによってルンバが入り込め

ずに掃除できなかったスペースがわかりやすく表示されたり、次の家具を購入する際の配置場所の参考にすることができるでしょう。

ミニマル洗濯
ヒートリサイクル風アイロンビッグドラム  が優秀です。

布の種類、洗濯の際の布の動き方、汚れの量を判断し、汚れ具合から自動で洗剤の量を判断するのです。また、もし汚れの

量が多い場合は洗濯の時間を最大10分延長したり、すすぎで落ちやすい液体洗剤がセットされた場合はすすぎの回数を2回

から1回に減らすという対応も洗濯機が判断してくれます。

洗剤の量の調節を私よりすべて全自動で行ってくれるので、あとは洗濯物を入れるだけになるのです。これなら、今まで洗

剤の量が足りなくて汚れが落ちなかった・・・ということも、洗濯機のIoTセンサーが判断してくれるので、あとは全部お
任せできます。



もう人間の私、洗濯機に負けました。

忙しすぎる現代社会で頑張る私やあなたの為に開発され生まれた家電です。

ですのに、仕事や子育ても頑張り、自分の自由な時間まで犠牲にして家事も頑張っている方が多すぎると思います。

ミニマル家事に切り替えてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

タコ

超面倒臭がりだからこそ考えついた
忙しい男女必見のお金と時間がかからない
アンチエイジング法を紹介しています。

最新情報

月別アーカイブ