元アル中が断捨離した方法 お酒辞めるメリット 禁酒から断酒 節約貯金にも効果的

こんにちは。良い姿勢を意識して表情筋に力を入れながら 書いています。
(←この挨拶で自分に言い聞かせてます笑)
元々かなりの浪費家、豪酒、暴食だった私が送っていた人生を30才を機にガラリと変え、結果とってもプラスに働き快適な暮らしを送れているため、ご紹介します。
断捨離したもの6つ

お酒、タバコ、カフェイン、添加物、界面活性剤、エステ。
今後辞めたいもの(苦戦中)

白砂糖
まずお酒は、大好きでしたが意外と直ぐに辞められました。お酒を少しでも飲むことで、その1時の快楽でどれだけ今後の人生がハードモードになるかを十分に頭に叩き込みました。
あなたがお酒を飲みたくなる時って、どんな時ですか。
友人と飲みに行く時、美味しい食事のお供に、嫌なことがあった時、何かを頑張った後、ストレス解消。
様々なシーンでお酒って飲みたくなりますよね。
私なんて、全部のシーンで飲みたくなって以前は飲んでいました。今に時期、桜が咲けば飲む、暖かくなったから飲む。
それがしかもカッコいいと思っていました。
誰もが、一生飲み続ける人は滅多にいません。どんな愛酒家でも、どこかのタイミングで辞めています。
それは見た目が老けたと悩んで辞める人もいれば、病院で止められる人もいます。
何だか年を取ったら身体が受け付けなくなった。という人も多いです。酒豪だった人ほど、比較的若い40、50代から飲めなくなったって人が多くはありませんか?
これらの原因は、体内の酵素がすっからかんになってしまったからです。
酵素は食物を消化分解するほか、呼吸、運動、思考、そして自然治癒力までも左右する、とても重要な働きを担っています。生命活動においては、さまざまな化合物による反応が起こっていて、それらの反応のほとんどが、じつは、酵素の仲立ちがあって、はじめて成り立つのです。
酵素がなければ私たちは生きていけない、とさえ言える存在なのです。
お酒のアルコール成分、アセトアルデヒトを消化するのに凄まじい量の酵素を消耗します。
人が一生の間に作ることができる限られた量の酵素を潜在酵素と呼んでいます。
消化酵素と代謝酵素は同じ一つの潜在酵素から作られます。したがって、消化酵素はなるべく食べ物から摂り、体内で作られる酵素はできるだけ代謝酵素として、自然治癒力などのために働けるようにするのが長生きの秘訣と言えるでしょう。
20世紀の後半になって、アメリカのエドワード・ハウエル医学博士の研究により、「体内で一生に作られる酵素の量は限定されている」ということがわかりました。それまで、酵素はタンパク質でできているので、タンパク質を摂っていれば酵素は必要なときに必要なだけ作られると考えられていたのです。
しかし、実際には遺伝子の中の情報として、人それぞれ酵素を作ることができる量が違い、さらにその量が限られていることがわかりました。
一生涯元気で生きたいですよね。介護されるなんて嫌です。
お酒によって、あなたの使える一生分の酵素の消耗速度を、速めてしまうことになるのです。
しかもシワも増えます。私が辞めれた決定的な要因は、加工アプリなしでは写真が撮れないほど、シワシワな顔になってしまったからです。


日本人のあなたや私は、甘酒、納豆、漬物などの発酵食品を毎日摂ることによって、酵素を補うことができます。

また、酵素は消化する時に使われるため、出来ることならなるべく食事の回数を減らしたり、
消化に負担のかからないメニューを選ぶと、酵素が減りません。
肉は少なめにして、温野菜や、ミキサーした生野菜を摂ると良いです。
私は面倒なので、納豆を食べたり、甘酒を甘いものが欲しくなった時に飲んでいます。
酵素を減らさない生活を一緒に送りましょう。
ブログで発信する事で3日坊主の私でも継続する事が出来ました。


関連記事

コメント

非公開コメント

プロフィール

タコ

超面倒臭がりだからこそ考えついた
忙しい男女必見のお金と時間がかからない
アンチエイジング法を紹介しています。

最新情報

月別アーカイブ