遺伝子組み替え食品を断捨離 庭の松・竹も枯らす恐怖の農薬 ミニマリスト国産食材にこだわる理由 人口削減政策に負けない生活 美容健康アンチエイジングの為の食事

ミニマリストです。
毎日食べる食材の産地、遺伝子組換え食品気にしていますか?

今回外国産野菜の危険性を書こうと思ったのは、

庭の松と竹がアメリカモンサント社の除草剤を、
松から200M離れた駐車場に撒いたら枯れてしまい恐ろしさを再認識したからです。

以前は草むしりに追われていました。除草シートをひいても、むしってもまた生えてきた草に、
手が追えずにモンサント社の農薬を散布しました。

駐車場の草むしりは楽になりましたが、じわじわと何年もかけて土地が痩せていきました。
とうとう駐車場から200Mは離れている庭の松も、この様に弱って枯れてきてしまいました。
今では土地が砂漠の様です。楽をしたくて安価で強力な薬剤を撒いてしまった事を悔いています。
もう肥料をあげても復活する感じがしません。

じわじわと弱っていく松を毎日見ていると非常に心が痛く、
同時にあなたや私、人間も、この様な強力な農薬(米国、中国などの広大な農地で使われる)食材を口に入れる事で、
長い年月をかけてじわじわと病気にさせられてしまっているのを感じます。
お子さんがいる方は結構気にしている方が多い印象ですが、独身男女、老若男女問わず、健康でいる為には気をつけていかなければなりません。
昔はそこまでなかった病気、日本はガン患者が多すぎますよね。
その大きな原因の一つに、食べ物(食品添加物や農薬)が関係しています。

農林水産省の発表によれば、2017年度の日本の食料自給率は38%。
日本で食べられているもののうち、38%が国内で生産されたもので、残りの62%は海外からの輸入に頼っているということになります。
日本の食料自給率は主要先進国のなかでも最低の水準であることは知られています。
加工食品の成分表示法を見ると、

・主な原材料(原材料の重量に占める割合が上位3番目以内)にしか表示義務がなく、
含まれる量が5%未満であれば「非遺伝子組み換え」と表示できる。
・組み換えDNA、およびそれによって生成したたんぱく質が残らないものにも表示義務がなく、
油や醤油などはGM作物の使用は表示されない。
・実際生産された産地ではなく、加工した場所を産地を表示することが出来る。
とされていますから、私たちは知らず知らず口に物を入れている可能性は120%と言っても過言では無いようです。
ミニマリストで本当に良いものを厳選して生活に取り入れる事が出来る様ななった今、
食費もミニマムにしようと、国産ではなく安い中国やアメリカ産の遺伝子組み換え食品や残留農薬たっぷりの野菜を購入してしまう事はいけません。

人生80年以上、長い目で見たら逆に大変になってしまいます。
食費もミニマリストにするという本当の意味は、食費を安く抑える事ではありません。
悪いものは買わない。良いものを買う。
という事です。食品業界も、あなたや私、消費者のニーズに合わせて商品を選定してしまっているのが現状です。
何故、賃料が高い地域程、自然派、オーガニックスーパーが多く存在するのか。

スーパーのバイヤーが実験的に無添加の商品を置いてみてもやや高い為売れ残り廃棄状態が続けば、
当然無添加やオーガニック食品はそのスーパーから無くなってしまいます。
あなたの尊いお金を、何に価値を見出して使うのかによって、店側も変わってきます。
1番良いのは日本農家生産者から直接購入する事です。

季節の新鮮な野菜、食材を新鮮なうちに頂く。シンプルな食べ物が1番ミニマリストなのです。
この事、実はあなたも私も聞いた事ありますよね。身体に悪いと知っていても、
忙しい日々の中でいつの間にか忘却したり気が緩んだりして
気付いたら食事の事に気を使わなくなってしまいます。
庭の松の木が段々と弱っていくのを見る度に、モンサント社の強力な農薬、遺伝子組み換え食品の恐ろしさを認識させられます。

ミニマリストな食事、あなたも私も一緒に意識して健康に生きましょう。
ブログで発信する事で3日坊主の私でも継続する事が出来ました。

たまには無料エステに頼っちゃうのもありです。

関連記事

プロフィール

タコ

超面倒臭がりだからこそ考えついた
忙しい男女必見のお金と時間がかからない
アンチエイジング法を紹介しています。

最新情報

月別アーカイブ